ITパスポート試験ナビ

ITパスポート試験取得方法

ITパスポートとは、情報処理技術者試験に就かされた情報技術に関する経済産業省管轄の国家資格です。

初級システムアドミニストレータ試験を継承する形で平成21年から導入された新しい資格試験です。

情報処理に関するスキルなどが編纂され、新体制ではスキル1〜4の位置づけがあり、このITパスポート試験はスキル1と初級の位置づけがあります。

また、これまでの初級シスアドの試験よりも幾分難易度が低いといわれています。

ITパスポート試験では受験資格の制限は特にありません。

試験は年に2回全国主要都市で開催されます。

出題範囲は広く、企業と法務・サービスマネジメント、コンピュータシステムや技術要素などのほか広い分野から出題されます。

社会人を対象とした試験でもあるのですが、商業の科目がある高校等でもITパスポート取得を目標にしているところもありますので、高校生のスキルでも特に問題はないと考えられるでしょう。

社会人がITパスポート試験を受ける際には多少勉強にとっつきにくい部分もあるかもしれません。

通信教育や通学制の受験対策予備校などに通われるとよいでしょう。

またWEB上でITパスポート試験に出題される分野の問題を解くことができるコンテンツがYahoo!のサイト内にあるので利用してみるとよいでしょう。

ITパスポート試験は筆記試験なので、過去問題を数多くこなすこと、また企業の運営や簿記に関する初歩的な知識を深めることで取得できる資格です。

合格に向けてコツコツと勉強されるとよいでしょう。